寒い冬の時期の服装や食事対策

寒い冬のワキガの臭いを抑える方法

 

こんにちは、当サイトを運営している中島です。

 

当サイトでは、ワキガ臭で悩んでいる方のための情報をまとめています。

 

冬のワキガの臭いを抑える方法をご紹介します。


冬の寒い時期の方がワキガが臭う?

 

一般的に汗のにおいというと汗をかきやすい夏に気になるイメージですが、実はワキガのにおいに関しては冬の方がにおう危険性が高いです。夏の暑い時期にかく汗の成分はエクリン汗腺という場所から体温調節を目的として分泌され、水分が多くてさらっとしています。

 

においの元になるたんぱく質等の含まれる量も少なく、雑菌が繁殖しにくいのです。これに対して、いわゆるワキガといわれるにおいを発する汗はアポクリン汗腺という場所から分泌されます。

 

エクリン汗腺からの汗が身体的な要因で分泌されるのと違って、緊張や不安など精神的要因によって分泌されます。たとえば人前に出てスピーチをするなどの強い緊張を伴うシチュエーションでかくことが多いため、いわゆる冷や汗とよんでもよいでしょう。

 

冷や汗には水分以外の物質が多く含まれており雑菌が繁殖しやすく、結果的ににおいも強くなりやすいです。においを気にしすぎると精神的不安によって余計汗が分泌されやすくなるのも現実です。

冬のワキガ対策(服装編)

 

ワキガの悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。ワキガの悩みは季節を問わず生じるものです。ですので、汗の分泌が盛んになる夏場だけではなく、冬のワキガ対策も必要不可欠です。

 

ワキガの悩みの一つとして洋服への汗染みや臭い移りなどがあります。冬場は厚着をするので通気性が悪く蒸れやすいので汗染みや臭い移りの悩みも深刻です。

 

服装において気をつけるべきこととしては、消臭機能があるインナーを着用する、汗取りパッドを使う、通気性が良く速乾性がある素材の洋服を着用する、汗染みが目立たないカラーや素材の洋服を選ぶ、抗菌効果や消臭効果がある柔軟剤や洗剤を使って洗濯をする、衣類用の消臭スプレーを使うなどがあります。

 

ワキガ対策としては発汗を抑制する効果がある塩化アルミニウムが配合されている制汗剤を使用したり消臭効果があるボディソープやボディスプレーを使用するのが効果的ですが、服装に気をつけることでその効果をさらにアップさせることができます。

冬のワキガ対策(服には消臭スプレー)

 

冬というと汗をかくイメージがありませんが、厚着をしたり暖房のあるところにいることが多いので意外と汗をかきやすい環境です。特に脇の下は蒸れやすく、ワキガの臭いの原因になる雑菌も繁殖しやすくなっています。

 

それに、ジャケットやカーディガンなど上に羽織る物は、毎日洗濯するわけではありません。すると、脇の部分に臭いが染み込みやすくなります。

 

冬のワキガ対策には、いくつかの方法があります。まず、こまめに脇の下の汗を拭きとることです。ジャケットなどに染み込む汗の量を少なくすることで、臭いを軽減することができます。

 

それから、通気性の良い服を選ぶことも有効な対策方法です。薄い服を重ね着して暑く感じたら脱ぐようにし、汗をコントロールすることも大切です。そして、ジャケットやカーディガンなどの上着には消臭スプレーをしておくのがおすすめです。

 

ワキガの臭いは、脇からよりも衣類に染みついた臭いの方が強いとも言われているので、衣類を消臭することで臭いを大幅に減らすことができます。

冬のワキガ対策(食事編)

 

冬の時期に気にあるワキガを改善するためには、毎日の食事に十分注意しなければなりません。冬のワキガ対策として効果のある食事とはどんなものでしょうか。基本的には、アポクリン汗腺を刺激する肉中心の食事や脂っこい物を極力避けることができるでしょう。

 

毎日の食事で意識して取り入れたいものの中には緑茶があります。食事中や食後などに緑茶を飲むことによって、気になるワキガを抑える効果が期待できるでしょう。

 

緑茶にはカテキンが含まれており、これは消臭成分としても知られています。緑茶を意識して飲むようにするなら、体の内側から効果的な臭い対策ができるようになるでしょう。

 

加えて、梅干しも意識して取り入れたい食べ物の一つと言えます。ワキガ対策に大きな効果を持つ食べ物と言えば、何と言ってもアルカリ性の食べ物でしょう。梅干しはアルカリ性食品の代表的なもので、優れた消臭効果や殺菌効果によって、気になるワキガを改善できるでしょう。

ワキガクリームへの誘導