ベジタリアンでもワキガ臭がする

ベジタリアンでもワキガになってしまう

 

こんにちは、当サイトを運営している中島です。

 

当サイトでは、ワキガ臭で悩んでいる方のための情報をまとめています。

 

冬のワキガの臭いを抑える方法をご紹介します。


ベジタリアンになっても劇的にワキガが改善する事はない

 

ワキガのニオイは肉料理やジャンクフードのような脂肪分の多い食事を食べると強くなりやすいといわれています。それなら野菜しか食べないベジタリアンになれば、症状を改善できるのではないかと思っている方もありますが、そうではないので注意するようにしてください。

 

ワキガの人はアポクリン汗腺が多いので、この汗腺の量が減らない限りは、ベジタリアンになっても劇的にワキガが改善する事はありません。しかし動物性タンパクや脂肪中心の食事を避けると、アポクリン汗腺の活性化を抑えることは出来るといわれています。

 

脂肪中心の食事から、野菜中心の食生活に切り替えると、ある程度は強いニオイを軽減できるので、まずは食生活を見直すことから始めるようにしてください。肉料理やジャンクフードばかり食べるような生活をしていると、ワキガだけでなく、肥満や生活習慣病にも悩まされるようになります。

 

野菜中心の食生活に切り替えれば、ワキガのニオイを抑えられますし、健康的に生活することが出来ます。日本人が昔から食べている和食をメインにした食事に切り替えるのもおすすめです。

アルカリ性食品がワキガの臭いを軽減させる

 

強いワキガのニオイを抑えたいときは、動物性タンパク質や脂肪以外にも、糖分や香辛料などの摂取も控えることが大切です。肉料理やジャンクフード、スイーツなどは出来るだけ避けるようにし、ニンニクなどの香辛料がたっぷり入ったものも食べないようにしてください。

 

これらの食事は欧米から入ってきたものです。和食中心の食生活を送ってきた日本人は、昔はワキガ体質の人はそれほど多くはありませんでした。

 

欧米人にワキガの人が多いのは、普段食べている食品にも原因があるので、ニオイを抑えたいときは野菜や和食を積極的に摂るようにしてください。

 

なかでもアルカリ性食品はワキガの臭いを軽減させられるので、梅干しやわかめ、ひじき、キノコなどを食べましょう。アルカリ性食品にはアスパラギン酸が含まれているので、脂質臭を抑えたり、 アンモニア臭のもととなる乳酸を、水と炭酸ガスに分解することが出来ます。

 

アルカリ性食品を摂取すると、血液や汗が酸性に傾き、 塩分濃度も高くなるので、ワキガの原因菌の繁殖を抑えられるともいわれています。

食事だけでワキガを治すのは無理

 

野菜や和食中心の食生活を送り、アルカリ性の食品を積極的に摂るようにすれば、ある程度はきついワキガのニオイを抑えられると考えられています。しかしアポクリン汗腺の量が多い人が、食事だけでワキガを治すのは無理なので、別の対策法も視野に入れなければなりません。

 

アポクリン汗腺の量は遺伝なので、量が多い人はそうでない人よりも雑菌に感染しやすく、ワキガのニオイが発生しやすくなります。アポクリン汗腺の除去手術を受けない限りは根本的には治すことは出来ないのです。

 

治らないとわかるとがっかりするかも知れませんが、食生活を見直すことでニオイを軽減することは可能です。脂肪分や糖分、香辛料などを含んだ食事を避けると、かなり抑えることが出来ます。

 

食生活に注意するだけでなく、市販の制汗剤やワキガクリームを使えば、ほとんどニオイをなくすことが出来るので、ワキガの悩みを改善したいときは、ひとつだけでなく、複数の方法で対処するようにしてください。

ワキガクリームで日中は臭いを抑えられる

 

ワキガのニオイを完全になくしたいときは、クリニックでアポクリン汗腺の除去手術を受けるのが一番良い方法ですが、大きな傷跡が残る場合があります。ダウンタイムもありますし、汗腺を100%取り除けるとは限らないので、手術を受けてもニオイに悩まされることがあります。

 

眠っていたアポクリン汗腺が活性化し、余計にニオイがひどくなることもありますし、クリニックによってはかなりの費用がかかります。

 

何よりもメスで切られるのが怖いという人は多いので、そのような人は市販のワキガクリームで対処することをおすすめします。朝に塗るだけで、日中のニオイを抑えられるものを選べば、一日何度も塗り直しをしなくても済むので楽に過ごせます。

 

1日だけしか効果は続かないものの、ワキガクリームは価格が手ごろなので、毎日使ってもそれほどの出費にはなりません。まとめ買いや定期購入を行えば安く手に入るので、出来るだけ口コミの評判の良いものを選びましょう。

ワキガクリームへの誘導