生理の時期にワキガ臭がきつくなtってしまう原因とは?

生理とワキガ臭の関係とは?

 

男性にはわからない生理の時期でワキガが酷くなる事があります。

 

人それぞれ一番ひどくなる時期が違います。

 

一番臭いがきつく成る時期はケアをしたい物です。


 

女性ホルモンとワキガの臭いの関係とは?

 

日本ではワキガのニオイは悪臭ということであまり歓迎されることではありませんが、海外ではフェロモンとしてセクシーな香りといわれています。ですから、ワキガということで何かいわれてしまうといったこともほとんどありません。

 

こういう面は海外と日本では明確な受け取り方の違いがあるのです。実はワキガと女性ホルモンには深い関係があります。女性のホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2つがありますが、この2つのバランスがとれていることで妊娠や定期的な生理などが正常に行なわれます。

 

しかし思春期になるとエストロゲンの分泌量が増えてこのホルモンバランスが崩れてしまいます。それによってアポクリン腺の分泌も活発化されて、一時的にニオイがきつくなってしまうことがあります。

 

エストロゲンは女性らしい体を作るサポートをしたり、生理や妊娠、出産などにも深く関わる大切なホルモンなので、ちょうど女性らしさが増す思春期頃からワキガのニオイを強く感じるようになったということも多いです。

人によって生理前・生理中・生理後で臭いが酷くなる時期が違う

 

生理の前に一時的に多汗になって、ワキガや多汗症の症状が悪化してしまうという女性も少なくありません。これは生理前後はホルモンバランスの乱れが起きるためです。

 

生理の前はプロゲステロンの分泌が増えて体温が上昇しやすくなり、汗をかきやすくなるので雑菌も増加してしまい、汗のニオイが強く感じるようになります。また同時に生理前や生理中は自律神経に乱れが出ることでアポクリン腺も活発に動くようになりますから、ワキガのニオイがさらにきつく感じるようになるのです。

 

そして生理後はエストロゲンの分泌が活発になるため、ワキガなどのニオイがきつくなってしまうということがあります。

 

生理中はエストロゲンもプロゲステロンもどちらの分泌も少なくなっていますが、ストレスなどによって自律神経の乱れが出ている場合はやはりアポクリン腺からの分泌が活発になってしまうのでワキガなどのニオイが気になってしまうことがあるのです。そのような場合、まずはその乱れを改善することから始めるのも良いでしょう。

生理前・生理中によってワキガの臭いが酷くなる原因とは?

 

生理前には食欲が増進されてつい暴飲暴食をしてしまうという方も少なくないのではないでしょうか。そんな時には脂分が多いものや味が濃いものを食べてしまい、汗のにおいがきつくなってしまう原因になります。

 

逆に生理中は食欲がなくなって代謝が落ちてしまい、脂肪酸が燃焼されないため、汗腺から脂肪酸が出てしまうのでニオイがきつくなってしまうといったことがあります。

 

また月経前になると女性ホルモンの影響を受けることによって皮脂腺が刺激を受けますから、それによって皮脂が多く分泌されます。すると皮脂のニオイと雑菌のニオイ、そしてアポクリン腺からの分泌物が混ざりあってニオイがきつく感じるようになるというわけです。

 

こういったことは体質のことなのでどうにもできませんから、生理の時は前後も最中もなるべく清潔にするようにしてストレスもためないようにリラックスできる環境を作り、デオドラントなどを使って対策をするというのが良いでしょう。

生理の時期に出来るワキガ対策

 

生理前後、そして生理中はなるべくニオイがきつくならない状況を作るのがベストなので、例えば身体を温めることで血流を良くして女性ホルモンの乱れを軽減する効果が期待できるので、なるべく温かい飲み物や食べ物をチョイスするようにするのは良いです。

 

また食生活は和食中心にするなど、あまり味が濃いものや香辛料が多く使われているもの、油分が多いものなどを避けておくことが大切です。これらの食べ物は汗のにおいをきつくしてしまう原因になるためです。

 

そしてリラックスできる環境作りも重要です。自律神経の乱れがにおいをきつくするので、お風呂にゆっくりと入ってみたり、好きな音楽をきくのも良いですし、散歩などをして気分転換をするのも良いです。

 

また睡眠に関してもしっかりととるようにしましょう。特に生理中は眠気に襲われることも多いですが、睡眠のゴールデンタイムである午後10時頃から夜中の2時くらいまでの4時間は少なくともしっかりと眠っているようにするのがいいです。

ワキガクリームへの誘導