ストレスの溜め込みがワキガ・体臭をきつくする

ストレスがワキガ・体臭の原因になっている

 

こんにちは、ワキガの定番対策のミョウバン石鹸をご紹介!

 

値段も安く簡単に手に入るミョウバンでケアをするのはとてもいいと思います。

 

是非、使ってみてください。


 

ストレスが溜ると自律神経が乱れてアポクリン腺が活発に

 

ワキガや多汗症の原因となるアポクリン腺はストレスと非常に深い関係があります。現在はストレス社会といわれるほど仕事などでストレスフルになってしまっている人が多く、自律神経が乱れてしまって体調を壊すことも多いです。

 

そんな自律神経の乱れによる症状の一つがアポクリン腺の活発化なのです。ストレスによってホルモンバランスが崩れるので、それが活発化の原因となってしまうのです。

 

この場合、ホルモンバランスの乱れが正常に戻ることによってこの状態も正常の状態に戻りますから、できるだけストレスを溜めないようにストレス発散をすることが重要です。

 

体調を壊すと心のバランスも崩してしまいがちなので、体質であるワキガのことが必要以上に気になってしまい、さらにストレスをためることになってニオイが悪化してしまうといった負の連鎖につながってしまう結果になりかねません。ですから、上手にストレスを発散する方法を見つけられるようにするのがベストです。

ストレスが多汗症を起こし臭いを酷くする

 

多汗症の中には緊張性のものがありますが、その緊張性の多汗症の場合、ストレスによって汗をかきやすくなってニオイを悪化させてしまうことがあります。

 

それはストレスによって交感神経が有利になっている状態が継続されて不安などが高まり汗を大量にかいてしまいます。そしてそれによってニオイが強くなり、強くなったニオイのことを気にしてしまうことでさらにストレスが溜まるという状態になります。

 

こういった症状が出てしまった場合、症状を抑えるためにはいくつかの方法があります。例えばボトックス注射を打つといった方法がありますが、こちらは効果が半永久的ではなく、個人差はあるものの半年程度ですから、その度に注射を打つ必要があります。

 

しかも注射1本も保険適用とならないので高額な費用がかかってしまいます。傷跡などが小さな注射針程度しか残りませんし、それもいずれなくなるので問題ないのですが、毎度高額な費用が必要となると困ってしまいます。

ワキガの気にし過ぎが余計にワキガを悪化させる

 

ワキガの場合はニオイを気にし過ぎてしまうことが逆にそのニオイを悪化させてしまう原因となってしまいます。意識し過ぎることでストレスがたまって自律神経の乱れを引き起こし、それがワキガの原因であるアポクリン腺の活動を活発にするからです。
つまりワキガのニオイを少しでも軽くしたいのであれば、できるだけ普段は気にしないようにすることが大切なのです。もちろんニオイのケアはきちんとしておく必要はありますが、日常はそういった最低限のことをきちんとしておき、あとは毎日の生活を楽しむようにすることがワキガのニオイを軽くするための近道なのです。

 

今はワキガ専用のケア用品も充実していて、朝つけておくだけで夕方までニオイを防止するといった製品もいろいろありますからそういうものを利用することで必要以上にニオイを気にしないですみます。

 

また実際にはワキガではない方がワキガだと勘違いしているケースもありますので、疑いがあるのであればまず医師に確認してもらったほうが良いです。

ストレスを発散してストレス性ワキガを解消する

 

ワキガや多汗症の悪化を防ぐためにはストレス発散をすることが大切です。意識し過ぎないように毎日を楽しむのです。例えば美味しい食べ物を食べたりするのも良いですし、旅行へ出かけたり、趣味を楽しんだりすることでもストレスは解消されます。

 

もちろん完全にストレスをなくすことはとても難しいですが、大切なのはストレスをためこんでしまうということなので、少しずつでも発散できればそれで十分なのです。

 

また楽しめることがあればワキガや多汗症のことを気にしてしまう心の隙間も生まれにくくなりますので、そういう意味でもいろんなことを楽しむことは良いことなのです。

 

ただし美味しい食べ物を食べるということ自体は良いことなのですが、ワキガや多汗症のニオイを強めてしまう食べ物もありますから、そういったものは避けておくほうが良いです。

 

香辛料のたくさん入ってるものや味が濃すぎるものなどは避けたほうが良いものです。また油分が多いものも避けておきましょう。できれば和食がオススメです。

ワキガクリームへの誘導