ワキガと多汗症の併発は臭いが広がる

ワキガと多汗症の併発は臭いが強くなる!

 

ワキガと多汗症を同じ物だと思っている方がいますが違います。

 

多汗症=ワキガというわけではないんです。

 

多汗症とワキガの関係について解説していきます。


 

ワキガと多汗症の違いとは?

 

ワキガ=多汗症と思われがちですが、実は異なる症状です。二つの症状は、微妙に対処法も異なるため、適した処置を施すためにも、どちらの症状であるかを見極める必要があります。

 

多汗症の場合、汗が分泌されるのはエクリン腺からであり、その成分は水分が99%で残り1%が塩分であるため、基本的には無色透明のサラサラした液体です。そのため、多汗症の方の汗は、臭いは全くありません。

 

臭いのしない汗が、異常に多く分泌されてしまうという症状を指しています。単純に「汗が多い」という状態です。一方、ワキガの場合、汗が分泌されるのはアポクリン腺からです。

 

こちらも本来は無臭なのですが、その成分は脂肪・たんぱく質などが含まれており、それが皮膚表面に出てきた際に、角質層に存在する常在菌やさまざまな雑菌と結びついて「ワキガ臭」となってしまいます。

 

また、ワキガの汗は乳白色をしているため、シャツに黄ばみが発生します。特に白いシャツを着用すると判別しやすいです。

ワキガと多汗症の併発だと臭いがきつくなる

 

多汗症が原因でワキガを発症することはありませんが、大量にかいた汗を拭かずにそのまま放置すると、ワキガの原理と同じように角質層の常在菌や雑菌と結びついて臭いを発するようになってしまいます。

 

反対に、遺伝的要素が強いワキガの方は、多汗症を併発するケースもあります。基本的にはアポクリン腺から発生する汗がワキガ、通常の汗・多汗症の汗の出口はエクリン腺であるため、出口はまったく別物なのですが、このふたつが混ざることは十分に考えられます。

 

多汗症を併発した場合、放置すれば汗自体が臭い発するようになるため、臭いが広がる・きつくなるという事態が発生してしまうのです。

 

この場合、しっかりと分けて判断・対処することが大切です。ワキガの方が、臭いを気にするあまり、ストレスでエクリン腺が活発になり汗を余計に分泌してしまうケースもあります。シャツについた痕跡や、汗の状態など、ひとつずつ状況を切り分けて判断し、対処していきましょう。

ワキガと多汗症であれば病院で手術の相談をしてみよう!

 

ワキガと多汗症の治療において最適なのは、摘出手術による治療。保険が適用できる「剪除法」が代表的で、汗の元となるエクリン腺、アポクリン腺を美容外科手術で取り除いていきます。傷口は4cm程度 、1回の施術で完全にニオイや汗を取ることができます。

 

次に、メスを使わないワキガ手術も紹介します。極細のカニューレを直接皮下に挿入し、アポクリン汗腺・エクリン汗腺を70℃まで加熱して、臭いと汗の量の原因を根本から解決する「サーミドライ」、皮膚を切らずにワキガ・多汗症治療を行う、最新の治療器「ミラドライ」を使って、汗腺を破壊する手術が挙げられます。

 

また、切らない手術に汗止めの注射である「ボトックス注射」もメジャーな治療法として挙げられます。ボトックスはシワ治療以外にも、ワキガ・多汗症治療にも適しています。

 

いずれにしても、まずはクリニックで医師に診断・カウンセリングを行ってもらうことが大切。自分の症状・体質を知り、適した手術法を施してもらいましょう。

手術が怖ければ通販の強力なワキガクリームを利用しよう!

 

最も効果が高いのは切除手術である剪除法ですが、外科手術に抵抗のある方も多いと思います。「高い治療費を払ったのに、もし効果がなかったら…」と不安になるのも当然です。

 

そこでおすすめしたいのが、ワキガクリームです。特に、保湿力と殺菌力を持った製品を選ぶようにしましょう。汗を抑えたい、という一心で制汗力を重視しがち。しかし、汗を抑えることよりも、汗が発生しても臭わないようにするために、殺菌効果を高めることが大切。

 

また、保湿力を重視する理由は、アポクリン腺から排出される汗に、皮脂腺から排出される皮脂が混ざると強烈なワキガ臭を生むのですが、皮脂は皮膚が乾燥することによって多く分泌されてしまいます。特に、冬や初春など乾燥する時期は気を付けなければいけません。そこで必要になってくるのが保湿力なのです。

 

市販の安価なデオドラントアイテムには、制汗効果・消臭効果はあっても、殺菌効果を持つアイテムは少ないです。アポクリン腺から排出される汗に皮脂が混ざり、皮膚にいる常在菌によって分解され、臭いを発生させるので、保湿・殺菌・制汗を重視しましょう。

ワキガクリームへの誘導