子供のワキガ足の臭いを抑える方法

子供のワキガや足の臭いを抑えるケア方法

 

こんにちは、当サイトを運営している中島です。

 

当サイトでは、ワキガ臭で悩んでいる方のための情報をまとめています。

 

子供が脇や足の臭いで困っていたらかわいそうですよね!親が出来る事をしっかりやってあげましょう!


子供がワキガ・足の臭いがキツイといじめらるかも?

沢山の子供が集まる学校では色々な違いでいじめられることがあります。個人差が大きい体の臭いも、キツイ臭いだといじめられるきっかけとなってしまう事があります。

 

気候が温かくなってくると登校や体育などで大量の汗をかきます。汗はかいてすぐには臭いませんが、汗に角質や垢が混ざり雑菌が繁殖することで臭いが出てしまうのです。靴を脱ぐと靴の中で蒸れた足の臭いが気になってしまいます。

 

あまり気にならない程度の臭いでも一度言われてしまうと気にするようになってしまいます。ワキガの臭いは汗に角質や垢が混ざって雑菌が繁殖した時の臭いとは違う独特の臭いがあるので、更にマメに汗を拭くことが大切になります。

 

臭いを香りでごまかすのではなく、汗を拭くことが臭いの軽減になります。ワキガだけでなく、体臭や足の臭いを軽減させるためには毎日お風呂に入り垢をためないようにすることが大切です。

 

そして、足の裏などの角質がたまりやすい場所は、角質を取るなどのケアも必要になってくることがあります。人と違うからと言っていじめて良いという事は絶対にありません。しかし、いじめられないようにケアをすることで守ることができるようになるので清潔を保つことはとても大切なことです。

子供のワキガ手術の危険性とは?

日本では、食生活の欧米化にともないワキガを発症する年齢が低年齢化しています。早ければ6歳頃からワキガの症状に悩まされる子どももいます。

 

ワキガを根本的に治すには、手術によってアポクリン汗腺を全て取り除いてしまうのが最も効果があると言われています。大人であれば、この手術を行うことで気になるワキガを改善することも可能です。

 

しかし、子どもは成長期であることが関係し、ワキガ手術には少なからずデメリットがあります。子どもの脇にあるアポクリン汗腺を全て取り除いても、成長するとまたアポクリン汗腺が増加しワキガが再発する可能性があるからです。

 

特に第二成長期を迎える前の小学生の子どもに多いデメリットです。アポクリン汗腺が再び増えることで、ワキガの手術を行ったものの臭いが消えないケースです。また、ワキガの手術を行ったものの、アポクリン汗腺が全て取り除かれなかったことで臭いが消えないケースもあります。

 

その他にもワキガ手術を受けることによって、脇に手術跡が残ったり脇が黒ずんだりするケースや脇がひきつれたり、脇いがいの体の部位の体臭がきつくなったりする術後臭、手足にかく汗の量が増えてしまう代償性発汗に悩まされるケースもあります。

 

ワキガの手術は、脇毛の毛根を取り去るのでその部位だけ脇毛が生えなくなったりもします。脇毛は、女の子ならさほど問題になることはないでしょうが、男の子では気にしてしまう子もいるでしょう。

子供にお勧めの臭いを抑えるクリーム特集

子供の腋臭対策のための食生活編

脇臭はアポクリン酸の数多いと臭いが強くなる傾向があると言われており、アポクリン酸の数は遺伝によって生まれたときから決まっています。そのため子供の脇臭対策には日常の食生活を見直すことが重要となります。

 

食事内容が欧米のように油を大量に使っているものや肉類、乳製品ばかりになるとアポクリン酸の働きが活発になり臭いが強くなります。また、糖分の取り過ぎや就寝前に食べる、偏食や添加物の多い物をよく食べるという場合も臭いが強くなる傾向があります。

 

脇臭対策におすすめの食事として和食があります。和食には色々な食材がバランスよく含まれています。臭いを抑えるにはアルカリ性食品を多く食べるのが良いと言われており、代表的なものとして緑黄色野菜や海藻類、キノコ類や大豆食品といったものが挙げられます。

 

また主菜が揚げ物であるならば副菜は蒸したり茹でるといったように調理方法を変えることも重要です。早食いを防ぐために硬い食材や繊維質のものを食卓に出すことも心がけましょう。

 

子供の脇臭対策は普段の食事内容を見直すことが大切となります。今まで肉類が多かった場合は、なるべく和食中心のメニューを心がけ色々な食材をバランスよく食べるようにしましょう。

親の腋臭があなたに遺伝したのかも?

腋臭は普通の汗の出るエクリン汗腺ではなく、アポクリン汗腺という汗腺から出る汗と皮脂などが混ざることで細菌を繁殖させて独特な不快な臭いを発生させるものです。

 

腋臭体質の人はこのアポクリン汗腺の量が多いのが原因であり、これは生まれながらに持っている体質です。そしてこの体質は遺伝的要素が高いものです。

 

確率としては、片親が腋臭だと50%、両親ともだと80%で遺伝すると言われています。ですから、親が腋臭の人は腋臭であることが多いのです。

 

そしてこの腋臭の臭いは小さい頃は臭うことはありません。第二次性成長期のホルモンの分泌が活発化した時に、アポクリン汗腺の分泌も活発化します。

 

ですから、小学校高学年、もしくは中学生の頃に腋臭体質であるということに気づくことが多いです。アポクリン汗腺から出る汗は黄色いので、服や下着に黄ばみが出来ることも特徴です。

 

臭いを抑えるには、清潔にすることが第一です。汗をかいたらシャワーで洗い流す、清潔なタオルで拭き取るなどを心がけます。また、脂質や糖質の多い食べ物は体臭を強くするので控えます。

 

そして、腋臭専用のデオドラントクリームなどもとても有効です。これには強い消臭効果のある成分と細菌の繁殖を抑える成分が配合されているので効果が高いです。