アルコールスプレーでワキガの臭いを軽減する

ワキガをアルコールスプレーで除菌する

 

ワキガの臭いを軽減させるには殺菌する事が大切です。

 

殺菌するのに効果的なのがアルコールです

 

アルコールスプレーで殺菌が出来て一時的に臭いを軽減する事が出来ます。


 

ワキガ対策にアルコール消毒は効果的

 

ワキガは、アポクリン腺という汗腺の一種から分泌された汗が、常在菌に分解されて作り出された物質による症状で、日本における発症頻度は約10%と考えられています。

 

全体から見ると少数ということで必要以上に目立ってしまい、ニオイが強力な場合は腋臭症という疾患として治療の対象となります。

 

ただし、ニオイがそれほど強力ではない場合は、必ずしも医療機関で治療を受けなくてはならないということはありません。なぜなら、現在では有効なニオイケアアイテムが多数開発されており、気にならないレベルに消臭することが可能となっているからです。

 

また、軽度のワキガに対してはそもそも特別な方法を講じる必要はありません。なぜなら、エタノールによるアルコール消毒のみでかなりの効果を発揮するからです。

 

これは、ワキガの原因の一端である常在細菌に対してのアプローチによるもので、ニオイの原因物質の生産を抑制することが出来るからです。その殺菌効果は、実に99.999%とかなりの高確率です。

ドラッグストア・薬局で販売されているアルコールスプレーで十分

 

ワキガ対策で持ちいるエタノールは、ドラッグストアや薬局で販売されている医療用の消毒アルコールで十分であり、濃度や配合成分などに特に気を使う必要はありません。

 

なぜなら、常在細菌の繁殖を抑制するということが目的であり、ノーマルタイプのアルコールスプレーで十分な効果を得られるからです。

 

また、アルコール消毒によるワキガ対策は、ニオイに悩んでいる間は継続しなくてはならないので、費用を抑えるということは重要なポイントとなります。このために、ノーマルタイプのアルコールスプレーはコストパフォーマンスという点でも優れており、長期的に利用するのに向いています。

 

これに対して、特別な成分が配合されているニオイケアアイテムの場合は、効果を期待できる一方で値段は高めに設定されているので、長期的に利用すると経済的な負担は大きくなってしまいます。

 

このために、費用対効果という観点から考えた場合でもノーマルタイプのアルコールスプレーで十分ということになります。

アルコール消毒の効果は3〜4時間程度

 

ノーマルタイプのアルコールスプレーによるワキガ対策は、ニオイの原因物質の生産の一端を担っている常在細菌の繁殖を抑制するということを目的としています。

 

これにより、原因物質自体の生産が抑制されるので、強烈なニオイが発生することがなくなります。ただし、ワキガの根本的な問題は改善されていないので、ノーマルタイプのアルコールスプレーの使用を中止すると、再びニオイが発生することになります。つまり、あくまでも応急処置というような性格の対策です。

 

また、ノーマルタイプのアルコールスプレーには特別な成分は配合されていないので、塗布した場合でも効果はそれほど長続きすることはありません。

 

具体的には、せいぜい3〜4時間程度であり、午前中に使用した場合は昼頃には効き目が切れてしまい菌の数が元に戻ることになります。このために、持ち歩けるタイプのコンパクトなサイズのものを選択するのが適当で、ニオイをずっと抑えたいという場合は3〜4時間ごとに使うようにしなくてはなりません。

アルコール消毒の使い過ぎは禁物

 

ワキガ対策として効果的なアルコール消毒には、いくつか注意しなくてはならないポイントがあります。具体的には、効果が半永久的に継続するというわけではないので3〜4時間ごとに使わなくてはならないということと、使い過ぎるのは禁物という相反する性格の内容です。このために、かなり注意して使用しなくてはなりません。

 

ちなみに、アルコール消毒の使い過ぎに注意しなくてはならない理由は、皮膚にダメージを与えてしまうからです。脇の下は、皮膚が薄い部分であり、かぶれや炎症などの異常が起こりがちです。

 

特に、皮膚が弱いデリケートなタイプの人はこのような傾向が顕著であり、アルコールスプレーを塗布し続けた場合は高確率で肌荒れなどのトラブルが発生してしまいます。

 

このために、使用するのは外出時にとどめるなどの工夫が必要で、自宅にいるときにはなるべく使わないようにするのが適当です。ニオイの問題だけを考えるのではなく、皮膚の健康も考慮しなくてはなりません。

ワキガクリームへの誘導