お酢風呂でワキガの臭いを抑える

お酢風呂に1週間も入るとワキガの臭いがマイルドに!

 

お酢風呂はワキガ・体臭に効果的という事を知っていますか?

 

1週間もお酢風呂を続ける体臭が少しは軽減できるかもしれません。

 

一度お酢風呂を試してみてください。


 

ワキガ・体臭の原因とは?

 

ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗が分解されると嫌なニオイになります。アポクリン腺から出る汗には、アンモニアなどが含まれているため分解される事で臭いがするわけです。

 

血液の循環が悪かったり、ストレスが重なってしまうと体内に疲労物質である乳酸が溜ります。乳酸が溜ると体が酸性に傾くので汗の中にアンモニアが増えてしまいます。すると、余計に汗が臭くなってしまいます。

 

また、動物性たんぱく質の取り過ぎも皮脂腺が活発になり、皮脂腺の中が酸化して過酸化脂質が増えてしまいます。すると、不快なニオイを発生させてしまいます。これらの臭いにお酢風呂は効果的だという事です。

お酢風呂がワキガ対策にお勧め

 

ワキガで悩んでいる方は是非一度お酢風呂を試してもらうと良いです。ワキガが治す事はありませんが、ある程度は臭いを抑える事が出来ます。お酢がいい理由は3つです。

 

お酢がお勧めの3つの理由

  • クエン酸による殺菌効果
  • 皮膚表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を抑える
  • アンモニアと乳酸の生成を抑える

 

お酢にはクエン酸という成分が含まれています。このクエン酸には殺菌効果があるので菌の繁殖を抑える事でニオイを抑える事が出来ます。また、細菌はアルカリ性を好み繁殖しやすくなるんですが、皮膚表面が弱酸性になり、雑菌の繁殖を抑える事も出来ます。

 

お酢風呂なら直接汗腺に吸収される可能性があるので、吸収されるとなるとアンモニアと乳酸の産生を抑える事が出来ます。

お酢風呂の作り方と注意点

 

お酢風呂の作り方は簡単でコップ一杯の酢を入れるだけです。使う酢は、醸造酢や黒酢を使うのがお勧めです。入れすぎると酢がかなり臭くなるので入れすぎは注意です。

 

お風呂上りは体が酢臭くなるので、上がるときはシャワーで酢風呂を洗い流した方が良いです。長時間入り過ぎてしまうと皮膚がふやけて発汗しにくくなってしまいます。長風呂は止めた方が良いです。

ワキガクリームへの誘導