閉経後にワキガの臭いが軽減する

閉経後はワキガの臭いが収まる人が多い

 

こんにちは、更年期・閉経後はワキガ臭が収まる人が多いです。

 

逆に、ワキガの臭いが酷くなってしまった人もいるでしょう。

 

閉経後とワキガの関係について解説していきます。


閉経後はワキガの臭いが収まる事が多い

更年期でワキガ

 

若いときは、ワキガで悩んでいたけど閉経後(更年期)はワキガの臭いが収まってきたという人は多いのではないでしょうか?ワキガの臭いの原因はアポクリン腺から排出される物質が皮膚の常在菌によって分解されて鼻にツーンと来てしまいます。

 

年齢も高くなってくるとアポクリン腺が萎縮して腋臭臭が弱くなってくる傾向があります。女性は、更年期の時期になると女性ホルモンが減少してアポクリン腺が萎縮します。

 

そのため、ワキガの臭いが徐々jに減っていきます。ですが、更年期になると体温調節が下手くそになり多汗になってしまう人もいて逆にワキガ臭が酷くなる人もいます。

 

閉経後もワキガの臭いが気になるようであれば、病院に行って相談するのがいいと思います。場合によっては、手術をしてもらった方がいいかもしれませんね。

閉経後もワキガの臭いが酷くなる原因とは?

 

更年期になってもワキガの臭いが収まらないのは、汗によるところが多いのではないかと思います。更年期を迎える女性は、熱くもないのに汗をかいて困るという方が多いです。

 

更年期になると女性ホルモンの分泌が低下します。女性ホルモンは、汗腺の調節機能の役割があるので、ホルモンが低下してしまうので、汗腺機能が乱れてしまうんです。その結果、体温調節が上手くいかなくなってしまうんです。

 

すると、運動をしていないのに汗をかいたり、ちょっと昼寝をしただけで汗がびっちょちと汗をコントロールする事ができない状態になってしまいます。

 

汗をかく事で、ワキガの臭いが広まってしまい臭いが酷くなってしまうんです。

 

ワキガクリームへの誘導