ワキガの臭いが強くなった

ワキガの臭いが強くなった原因とは?

 

こんにちは、当サイトを運営している中島です。

 

当サイトでは、ワキガ臭で悩んでいる方のための情報をまとめています。

 

冬のワキガの臭いを抑える方法をご紹介します。


ワキガに臭いを強くする食べ物(脂身が多い)

 

近年では日本人の食文化も欧米化が進んでおり肉類や乳製品を食べる習慣が増えています。女性が好きな甘い物の中には沢山の脂肪分が含まれているのですが、このような成分についてもワキガに影響を及ぼすことが知られるようになってきました。

 

日本人ではおよそ半数程度がこの問題について悩んでいると言われており、程度の差こそあれ多くの人が様々なデオドラントグッズのお世話になっているのです。

 

このような食文化の欧米化は豊かな生活を希望する多くの人のニーズに合わせて生み出されてきたものです。それ自体には全く問題がないものではありますが、ワキガの症状を気にしている人であればこのような食習慣に注意をすることで一定の改善を期待することができます。

 

このような特徴を持っているということについても知っておくと良いでしょう。症状の改善に影響を及ぼすと言うことを知っていれば、日常生活の中でも食べ物について注意をすることができるようになります。

ストレスでワキガに臭いが強くなる

 

ワキガに悩む方は、少しでも臭いを抑えたいと日々、対策をしている方もいるでしょう。また、生活習慣などの改善、食生活の改善などもある程度のワキガ対策になることもあります。

 

それ以外にも、ストレスなどもある程度解消、軽減していくことは重要です。ストレスによって、自律神経の乱れにつながることもあり、交感神経などが緊張状態になりやすく、また、発汗作用などに関しても乱れが生じることで、多量の汗をかいてしまう傾向があります。

 

汗を多量にかき、皮脂などに関しても、ホルモンバランスの乱れなどにより分泌量が増えてしまうと、皮脂を餌に、雑菌なども繁殖しやすい状態になります。

 

このような状態は、臭いが強まる傾向があるため、ストレスも、できるだけ解消していけるように自分なりに生活状況を工夫して、気分転換、リラックスできる生活状況を作り出していくことも大切です。自律神経、ホルモンバランスが乱れず、安定した生を心がけていきましょう。

タバコ・アルコールがワキガの臭いを強くする

 

タバコを吸う事で体内にはニコチンが入ってきます。このニコチンは汗腺を刺激してしまう成分ですので、ワキガの臭いの原因であるアポクリン腺やエクリン腺を刺激し、発汗が促されるわけです。

 

体温調節のためにかく汗は、サラサラとした汗ですが、タバコによって出てきた汗は、通常の汗と異なり、ベタベタした質の悪い汗でより臭いの強い汗になってしまうわけです。

 

こうした臭いの強い汗とタバコの臭いが混じり合うことで、いつもよりも強い臭いに感じてしまうわけです。アルコールも同様に汗腺を刺激してしまい、発汗を促してしまいます。

 

更に分解されなかったアルコールが汗に溶け出して、ワキガの臭いと混じり合ってしまうため、より強い臭いに感じてしまう原因となります。

 

アルコールの場合は適量であれば、健康によいともされているので良いのですが、タバコの場合は健康にとっていい影響はありません。ストレス解消によるメリットはあるものの、ワキガの臭いを強くしてしまう可能性があることを知っておきましょう。

ホルモンバランスの崩れがワキガの臭いを悪化

 

ワキガは、特定の部位の汗が強いニオイを放つという症状で、日本人における発症頻度は約10パーセント前後と考えられています。これは、70〜80パーセントにもおよぶ欧米やアフリカ大陸と比較すると圧倒的に少数であり、これらの地域のように個性として認められるという状況にはなっていません。

 

ちなみに、ワキガの根本的な原因はアポクリン腺という汗腺の一種です。ここから分泌される汗の含有成分を常在細菌が分泌することにより、ニオイを放つ物質が生産されることになります。

 

アポクリン腺の分量は遺伝により決定されるので、本人の努力により発症自体を防止することは出来ません。なお、ワキガはアポクリン腺が活性化する思春期ごろに表面化するので、男性は髭が生える頃、女性は生理が始まる頃にスタートするということになります。

 

傷つきやすい時期ということで、必要以上にショックを受けてしまうケースも少なくはありません。また、ホルモンバランスの崩れにより臭いは悪化するので、悩んでいるだけでは状況は悪くなってしまいます。このために、医療機関で治療を受けるなどの適切な対処が必要です。

衣類の素材がワキガの臭いを悪化させる

 

ワキガと相性が悪い衣類の素材というものが存在します。それはナイロン、ポリエステル、アクリル、ポリウレタンなどの人工的に石油から作られた繊維になります。

 

これらの化学繊維は綿などの天然の素材とは違って、体臭が残りやすく、ワキガではない人でも汗をかくと洋服のにおいが気になってしまう場合があります。綿や麻などの天然の植物繊維は水分と相性がよく吸湿性に優れています。

 

繊維の目も細かいため汗をたくさん吸い取りやすいのです。化学繊維は石油から作られている合成の繊維になるので、水分を吸収しにくく、吸湿性の悪さと通気性の悪さがにおいやすい理由になります。

 

化学繊維は肌からの水分を服の外側に発散させる通気性が悪く、とくに脇の下が蒸れます。最近は蒸れた場所に繁殖するのでワキガ臭も強くなってしまうのです。人間は汗をかいていなくても皮膚に常に水分が蒸発している状態です。ワキガの人に向いている洋服は通気性が高く吸湿性の高い素材になります。

ワキガクリームへの誘導